月別アーカイブ: 10月 2016

即日融資、個人融資が可能なサービスって?

即日融資、個人融資が可能なサービスって?

即日融資は個人融資が可能なサービスは、消費者金融が提供する即日カードローンが最も充実しています。そもそも、昔は個人の消費者に対して少額融資を提供するサービス自体がなかったので、そうしたサービスを充実させるために消費者金融という会社が登場しました。ですから、少なくとも個人融資と言う観点から見ると消費者金融よりも優れた融資はありません。
実際に、即日融資をするために必要な条件というのはそれぞれの会社が独自に決めているわけではなく、法律によってある程度の範囲で決められています。例えば、即日融資をする際には一定範囲の限度額を決めることになりますが、この限度額は消費者金融のサービスには必ず適用されます。これは総量規制と呼ばれる限度額に関する規制の影響で、少額融資の個人融資であるのならば必ず適用されるので忘れないようにしなくてはいけません。
消費者金融のサービスや即日融資などを想像するときには、そのサービスの安全性に関して疑問を感じる人は相当数存在します。しかし、個人融資と言う枠に関していえば消費者金融の即日融資ほど安全性が高いものはほかにありません。即日融資とはいっても上記のように総量規制がありますし、利息に関しても利息制限法という利息の上限に関する規制が存在します。個人に対する少額融資の安全性は消費者金融の意思とは無関係に法律によってきめられますので、金銭トラブルで消費者が一方的に不利な立場に立たされることはまずありません。

他社借入が多いとカードローンの審査に通りにくい!?

他社借入が多いとカードローンの審査に通りにくい!?

カードローン借り換えの審査では他社からの借入件数や金額が調べられます。ほかの銀行や消費者金融から借り入れていると、まったく審査に通らないわけではありませんが、通りにくくなると考えたほうがよいでしょう。金融会社にとって大切なのは、借り入れる人の返済能力です。収入が多く借入額が少なければ問題はありませんが、収入に比べて借入額が過大だと融資は危険と判断されます。また件数が多いと、お金にだらしない人という印象を与えることにもなります。たとえ金額が少なくても、件数は1~2件にとどめておいたほうがよいと考えられます。
消費者金融やクレジットカードのカードローンは、総量規制によって制限されています。すべての借入額を合計して、前年度年収の3分の1までしか借りられません。他社のカードローンを利用していると、その分だけ限度額が低くなります。すでに3分の1に達している場合は、新しく借入を申し込んでも審査には通りません。借入額は自己申告ではなく、個人信用情報機関に記録されているため、ごまかすことはできません。
銀行カードローンは総量規制の制限は受けません。しかし借入が多いと、やはり返済能力に問題があると見られて、審査に通らないことが多いでしょう。ただし他社からの借入を一本化して、低金利で返済できる「おまとめローン」なら、利用できる可能性があります。これには複数のローンをいちいち返済する手間を省けるというメリットもあります。

オリックス銀行カードローン、電話番号の記載を間違えてしまった場合の対処法

オリックス銀行カードローン、電話番号の記載を間違えてしまった場合の対処法

カードローンの申し込みで特に注意が必要なのは、連絡先を間違えずに書くことです。もし自宅や個人の電話番号を間違えていたならば、結果の連絡を確実に受けることができなくなります。あるいは勤務先の番号を間違えてしまったら、在宅確認が取れずにオリックス銀行カードローン審査に落ちることになります。もし、申し込んだ後に間違えたことに気づいたならば、どう対処すれば良いのかという話になります。オリックス銀行の場合には、良い意味で審査には時間がかかります。そのために、気づいた時点ですぐにその訂正を伝えることによって、間に合う可能性があります。申し込んでから数日経ってしまうと、2次審査となる内容確認へと処理が進んでしまいます。ここでその記載内容に差異があると判断されれば、最悪の場合審査に落ちることになります。まずは申し込みを行う時点で、その申告内容に不備が無いかをしっかりとチェックすることが大切です。そして申し込みが済んだ後も、控えを見るなどして二重チェックを心掛ける必要があります。万が一そこで間違いを発見したならば、すぐにその旨を伝えることが大切です。オリックス銀行は他の銀行系カードローンよりも審査は通りやすいものです。けれどもここで万が一落ちることになれば、あとは金利面で不利となる消費者金融での借り入れということにもなりかねないものです。まずは申告内容をチェックして、最低限連絡先の確認をすることが大事です。もちろん、他の内容も不備がないようにする必要はあります。