借金返済の催促の文面

借金返済の催促の文面

借金返済の催促で、一番活用されているのが「文書による催促」です。
文書であれば、「催促をした」という証拠が残り、相手側に与えるインパクトも口頭よりも強いものがあります。

しかし相手が誰であれ、借金返済の催促書は書きにくいものです。
伝えるべきことをはっきりと伝えないと、借金返済の意思を鈍らせるだけに終わってしまいます。
あまりにも弱気な文章や遠まわしな表現はなるべく避けて、冷静で穏やかな表現にするようにしましょう。
感情的になったり、相手側を一方的に避難するような文面も避けるようにするべきです。

催告書の文面として入れる項目には、以下のものがあります。

・相手の名前
・自分の名前
・請求日
・債権内容
・債権額
・支払い期限
・振込先

返済計画の見直しに応じるつもりがあるのであれば、その旨も記載するようにしましょう。

初回は簡単な文面にとどめ、相手側の反応をうかがうようにします。
それでも連絡がない場合や、返済が行われない場合には、多少強めの表現を用いるしかありません。
ただし、この場合でも感情に任せるのではなく、あくまで返済を促すような文面を心がけましょう。

インターネットなどには、借金返済の催促書の文面の見本が多く掲載されています。
一般的な文面から、専門用語を用いた高度なものまで揃っていますので、ぜひ活用するようにしましょう。
また弁護士などの専門家の意見を取り入れるのも有効的です。
借金返済マイスター|債務整理にオススメな弁護士の選び方はこちら

コメントは受け付けていません。