他社借入が多いとカードローンの審査に通りにくい!?

他社借入が多いとカードローンの審査に通りにくい!?

カードローン借り換えの審査では他社からの借入件数や金額が調べられます。ほかの銀行や消費者金融から借り入れていると、まったく審査に通らないわけではありませんが、通りにくくなると考えたほうがよいでしょう。金融会社にとって大切なのは、借り入れる人の返済能力です。収入が多く借入額が少なければ問題はありませんが、収入に比べて借入額が過大だと融資は危険と判断されます。また件数が多いと、お金にだらしない人という印象を与えることにもなります。たとえ金額が少なくても、件数は1~2件にとどめておいたほうがよいと考えられます。
消費者金融やクレジットカードのカードローンは、総量規制によって制限されています。すべての借入額を合計して、前年度年収の3分の1までしか借りられません。他社のカードローンを利用していると、その分だけ限度額が低くなります。すでに3分の1に達している場合は、新しく借入を申し込んでも審査には通りません。借入額は自己申告ではなく、個人信用情報機関に記録されているため、ごまかすことはできません。
銀行カードローンは総量規制の制限は受けません。しかし借入が多いと、やはり返済能力に問題があると見られて、審査に通らないことが多いでしょう。ただし他社からの借入を一本化して、低金利で返済できる「おまとめローン」なら、利用できる可能性があります。これには複数のローンをいちいち返済する手間を省けるというメリットもあります。

コメントは受け付けていません。